2015年02月26日

日経平均終値1万8500円超 14年10カ月ぶり

スポーツ先生

 24日の東京株式市場は、国内企業の業績回復への期待から買いが膨らみ、日経平均株価は前日終値より136円56銭(0・74%)高い1万8603円48銭で取引を終えた。終値で1万8500円を超えたのは、2000年4月20日以来約14年10カ月ぶりとなる。日経平均は5営業日連続の値上がりで、この間の上げ幅は600円を超えた。

 東京証券取引所第1 スポーツニュース速報全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は5・45ポイント(0・36%)高い1508・28。出来高は23億2千万株。

 国内企業の業績回復への期待感が根強く「外国人投資家が買っている」(大手証券)という。日本時間の25日未明に予定されている米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の議会証言により、円安が進むのでは、との思惑も買いを後押しした。

地域フラッシュ
posted by 地域フラッシュ at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

リアル車将棋で羽生4冠が勝利

モンクレール アクセサリー

 本物の自動車を将棋の駒に見立てて、縦54メートル、横33・3メートルの巨大な将棋盤でプロ棋士が対局する「車将棋」が8日、埼玉県所沢市の西武ドームであった。“史上最大”の対局をしたのは羽生善治4冠と豊島将之7段で、羽生4冠が勝利した。

 特設された巨大な盤には各陣営の自動車計40台が所定の位置に付いた。先後を決める振り駒は元プロ野球選手の古田敦也氏が務め、豊島7段の先手に決まった。対局が始まると両者の指示に従い、ドライバーが見事なテクニックで動かした。

モンクレール アクセサリー 対局を終えた羽生4冠は、「どうなるか想像できなかったが、(ドライバーのテクニックに)感動した」と話した。人を駒に見立てて、対局する「人間将棋」はあるが、日本将棋連盟によると本物の自動車を使うのは初の試みという。

 登場したトヨタ車は16種類。羽生4冠の駒は過去の名車で、王将は1962年発売のトヨペット・クラウン、飛車は83年発売のカローラ・レビン、歩兵は99年発売のヴィッツ。豊島7段は新車を動かし、クラウン・アスリートが王将、スポーツカー「86」が飛車、Vitz(ヴィッツ)が歩兵を務めた。


posted by 地域フラッシュ at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政治とカネで西川農相「投げだし辞任」

トリーバーチ シューズ

 「政治とカネ」の問題が相次いでいた西川公也農相(72)は23日夕、安倍晋三首相に辞表を提出、受理された。直前まで出席していた衆院予算委員会でも野党に追及されており、「分からない人には分からないから、辞表を出した」。事実上の、「投げだし辞任」となった。昨年から政治資金問題を抱えた西川氏を、第3次内閣で再任した首相にとっても、政治とカネという負の流れを断ち切れず、大きなダメージだ。後任は林芳正前農相(54)となる。

 「私がいくら説明しても、分からない人には分からないから、辞表を出した」。西川氏は辞表提出後、投げだしにも取れる言葉を悔しまぎれにぶちまけた。

 今月上旬、国の補助金交付が決まっていた企業などからの寄付が、相次いで発覚。違法性も辞任も否定してきたが、連日野党に追及され、釈明は苦しさを増した。予算案審議がテーマの予算委員会も、西川氏の疑惑追及の場になっていた。

 西川氏は「(疑惑が)法律に触れることはないが、これから農政改革をやるとき、内閣に迷惑を掛けてはいけない」と強調。直前まで出席していた衆院予算委員会終了直後、官邸に向かい辞表を提出した。「耐え難いイメージをつくられた。(23日の)質疑が終わったらと思っていた」。委員会中に辞意を固めていた。

 71歳で悲願の初入閣から、 トリーバーチ シューズ 半年あまり。「くやしくないか」と問われ「全くありません」と強がった。

 この日の委員会でも新たな疑惑が出た。「毎日(政治資金収支報告書を)チェックしている。違法な献金はない」と述べた直後、報告書の記載ミスを指摘された。途端に「(朝に)指摘を受けて先ほど修正した」と発言は翻った。釈明は、つぎはぎだらけだった。

 落選中、献金を受けた木材加工会社の顧問に就任していたことも判明。「落選中の支援をしたいということだった。政治家の顧問は、再起を期して一生懸命働けという意味」と持論を展開。これが最終的に、辞任の決め手になった。与党内では、先週以降「辞任は時間の問題だ」(関係者)の声が拡大していた。

 第2次安倍政権の閣僚の辞任は、ダブル辞職の小渕優子、松島みどり両氏に続き3人目。小渕氏らと同様、第2次改造内閣で政治とカネの問題が指摘された西川氏を、第3次内閣で再任した首相への打撃も大きい。「辞任の必要はない」とかばい続けてきたが、この日は「説明は国民に十分納得をいただいていない」と、防戦に回っていた。

 「任命責任は私にある。国民の皆さんにおわびしたい」と述べた首相。早期幕引きを図ったが、野党の疑惑追及は続く。23日夜、自民党の谷垣禎一幹事長らとの会食で首相は「西川氏はもう少し頑張ってもらえると思った」と漏らした。


posted by 地域フラッシュ at 19:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
>