2015年02月06日

首相、中東への原発輸出慎重に

首相、中東への原発輸出慎重に 

  安倍晋三首相は6日の参院決算委員会で、紛争が続く中東地域への原発輸出について、治安状況などを踏まえて判断する考えを示した。「大切なのは政治、治安状況だ。総合的に勘案し適切に対応したい」と述べた。過激派「イスラム国」と有志国連合の戦闘などで情勢が緊迫化する中、慎重に対応する姿勢を示したとみられる。

  日本は原発輸出を可能にする原子力協定をヨルダン、トルコ、アラブ首長国連邦(UAE)と締結し、サウジアラビアとも締結交渉中だ。首相は「協定を通じて核不拡散と核テロへの対応を含む原子力の平和利用を確保している」と強調した。

posted by 地域フラッシュ at 18:57| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

>