2015年02月09日

自民党が農協改革案了承、JA全中は社団法人化・監査権限撤廃 

自民党が農協改革案了承、JA全中は社団法人化・監査権限撤廃  

 [東京 9日 ロイター] - 自民党は9日午後、農協改革法案を検討する部会を開き、全国農業協同組合中央会(JA全中)の監査権限を撤廃し、組織を一般社団法人に転換する、などとする改革案を了承した。

 これを踏まえ、政府与党として農協法改正案をまとめ、今国会に提出する。

 改革案では、JA全中を5年間で一般社団法人化し、監査部門を分離して新たな監査法人を作るとしている。これにより、1954年に始まった中央会制度は60年ぶりに見直され、全中は農協法上の位置づけを失う。

 都道府県ごとの地方中央会は、農協法の組織である「連合会」とする。また、農協に会社員や主婦など非農業家である「准組合員」が大量に加入している問題については、規制の導入を見送る方向。

 吉川貴盛座長は会合後、記者団に対しJA全中の萬歳章会長とのこれまでの協議について「最初は正直、まったく受け入れられないということだったが、事務方の折衝を受けた協議を重ね、おおむねご理解いただいた」と述べた。

 

  (宮崎亜巳)

posted by 地域フラッシュ at 18:13| Comment(0) | 産業・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

>