2015年02月16日

イラクの米軍駐留基地に自爆攻撃

  【ワシントン共同】米国防総省によると、イラク中西部アンバル州のアサド空軍基地近くで現地時間の13日朝、過激派組織「イスラム国」による自爆攻撃があり、イラク治安部隊が応戦した。イラク側が同組織の戦闘員を殺害し、撃退したという。基地には海兵隊約320人を含む計約400人の米兵が駐留中。

  AP通信などによると米軍は首都バグダッドから無人機とアパッチ攻撃型ヘリコプターを緊急発進させた。ただヘリなどの到着時には戦闘が終了し、攻撃参加はしなかったという。イスラム国は13日に基地近くの町を制圧しており、米国内で基地の安全性に懸念が出ている。

posted by 地域フラッシュ at 13:01| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミャンマーの女性ら177人救出

  【北京共同】14日付の中国紙、法制晩報によると、中国の治安当局はミャンマーの女性たちを売買目的で誘拐した中国人とミャンマー人の容疑者計37人を拘束、女性と子供の計177人を救出した。

  容疑者らは仕事や結婚の紹介と偽って女性たちを誘拐し、河南省や山東省の農村で5万〜8万元(約95万〜152万円)で売り渡していた。

posted by 地域フラッシュ at 13:01| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

NASAがニッサンと契約。宇宙に日本の自走式車両が走る日が。

NASAがニッサンと契約。宇宙に日本の自走式車両が走る日が。 宇宙開発事業に日本車の技術が高く買われたというニュースがアメリカから飛びこんできた。米航空宇宙局(NASA)が宇宙でも通用する自走式車両を開発するにあたり、日本のNISSANをパートナーに選んだようだ。
 
 NISSANが自動車における最新IT技術の研究所をカリフォルニア州サニーベール市に開設して約1年。その北米向け公式サイトから、ついにビッグニュースが飛び出した。米航空宇宙局(NASA)は、同じくサニーベールのかつては空軍基地であったモフェットフィールドに「エイムズ研究センター(Ames Research Center)」という施設を持っているが、両者がパートナーシップ契約を交わし、自走式車両の共同開発を進めて行くことが発表されたのだ。
 
 まずはNISSANがソフト、ハード面での最新テクノロジーを駆使した車両を試作し、2015年末までに各種の試験走行が行われるとのこと。その後、最長5年をかけて完成を迎えることになる。いずれは宇宙に送りこみ、火星探査機ローバーと同様にミッションコントロール・センターが遠隔操作を行うようになることを前提にした事業だという。
 
 次世代有人宇宙システムの構築に余念のないNASA。その一端を担うことについて、日産自動車のトップであるカルロス・ゴーン氏は同社の自走式車両の開発における安全性、信頼性の高さが認められたと大変喜んでいるもよう。「NASAもわが社も長いことチャレンジを繰り返してしてきました。片方は宇宙のために、そしてもう片方は地球のためにですが、その精神は共通するものです」などと語っている。契約期間は5年。順調であれば車両のお披露目は2016年から2020年までになる見込みだ。
 
 ※ 画像はdigitaltrends.comのスクリーンショット。
 (TechinsightJapan編集部 Joy横手)南アフリカの東ケープ州・ムタタ(Mthatha)にある家で、冷蔵庫の中から生後約1か月の赤ちゃんが4体発見され、地元住民を恐怖に陥れた。しかもその冷蔵庫に入っていた食材は、葬儀で振る舞われたばかりと知って参列者は後味の悪い思いをしている。
 
 発見されたのは2月7日、通報を受けた警察がその家を捜索した。その時、家には誰もいなかった。地元紙によると、赤ちゃんの遺体4体のうち1体はダイニングルームにある冷凍庫に、残りはキッチンの冷蔵庫にあった。また1体はベビー服にくるまれていたが、3体は黒いゴミ袋に入れられていたという。
 
 この家の持ち主の女は、パートナーの男性と共に住んでいた。2人の間にはすでに3人の子どもがいる。その男性が亡くなり、2月5日に葬儀が自宅で行なわれた。参列者は冷蔵庫に入っていた食材を使った料理を振舞われたそうだ。その後、女はパートナーを埋葬するためヨハネスブルグへと旅立った。
 
 女が不在の7日、地元の女性がこの家の掃除のために来たところ、吐き気を催すほどの異臭がした。計画停電で冷蔵庫内の食料が腐ったのだろうと思いその扉を開けると、赤ちゃんの手足を発見したのだ。
 
 赤ちゃんはいずれも生後およそ1か月と思われたが、はっきりした月齢は不明とのこと。また冷蔵庫に入れられた時期や、誰の子どもなのかもわかっていない。冷蔵庫にはケーキや肉などが入っており、どこにでもある家庭の冷蔵庫だったそうだ。
 
 地元住民らは恐怖に怯えているものの、親しみやすく敬虔なカップルがなぜ赤ちゃんを冷蔵庫に入れていたのかはまったくわからないとのこと。女は10日に死体遺棄容疑で逮捕された。
 
 ※ 画像はdispatchlive.co.zaのスクリーンショット。
 (TechinsightJapan編集部 FLYNN)
posted by 地域フラッシュ at 18:52| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
>