2015年02月09日

[リアル鬼ごっこ]トリンドル、篠田、真野が“JK”役でトリプル主演 登場人物は女性のみ

[リアル鬼ごっこ]トリンドル、篠田、真野が“JK”役でトリプル主演 登場人物は女性のみ 

 映画「リアル鬼ごっこ」でトリプル主演を務める(左から)真野恵里菜さん、トリンドル玲奈さん、篠田麻里子さん

  モデルで女優のトリンドル玲奈さん、篠田麻里子さん、真野恵里菜さんが映画「リアル鬼ごっこ」(園子温監督)で女子高生(JK)役でトリプル主演を務めることが9日、明らかになった。トリンドルさんと篠田さんが映画で主演を務めるのは今回で初となり、登場人物は全員女性という。

  「リアル鬼ごっこ」は、山田悠介さんが2001年に出版した人気ホラー小説。全国の佐藤さんが鬼ごっこをし、捕まったら殺されるという衝撃的な内容が、若者を中心に口コミで広がり大ヒットを記録し、文庫化、コミック化もされ、08、10、12年には映画化、13年には連続ドラマ化もされた。園監督のオリジナル脚本による同映画は、ターゲットを“全国の佐藤さん”から“全国のJK(女子高生)”に変更し、「瞬殺ストーム」や「豚の顔をした花婿」「マシンガンをぶっ放す女教師の大群」などの鬼たちが女子高生を襲う……というストーリーが展開する。

  突然“瞬殺ストーム”に襲われるミツコを演じるトリンドルさんは「率直に私でいいのかな?と思いました。ですが、選んでいただいたことがとてもうれしかったですし、監督をはじめ皆様の納得のいく主人公になりたいという気持ち、ただそれだけです」とコメント。“豚の顔をした花婿”と結婚式を挙げさせられるケイコ役で出演する篠田さんは「ワクワクしすぎて、決まった時から、早く誰かに言いたくて言いたくてしかたありませんでした」と話している。

  また、映画「新宿スワン」や連続ドラマ「みんな!エスパーだよ!」で園監督とタッグを組み、今回はマラソンのレース中に“マシンガンをぶっ放す女教師”に追われるいずみ役を演じる真野さんは「園組作品に入ると、現場の空気で『あ、園組だ!』とすごく感じます。現場は何が起こるかわからないスリル感があって毎回ドキドキしてとても楽しいです」と話している。

  谷島正之プロデューサーは「本作は全編“走り続ける”映画なので、園監督の映画に毎回現れるような躍動するシーンが飛び出すことに期待しました」と話し、主演の3人についても「元アイドルだったり、モデルだったり、これからまさしく“女優”に向かおうという次のステップに踏み込む瞬間に立っている、自身がある種の興奮を抱えているキャストをあえて選びました」と話している。映画は7月11日公開。


 本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。
posted by 地域フラッシュ at 05:34| Comment(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[黒木華]桐島かれんと“母娘”に 「オールフリー」新CM

[黒木華]桐島かれんと“母娘”に 「オールフリー」新CM 

 「サントリー オールフリー」の新CMで“母娘”を演じる、黒木華さん(左)と桐島かれん

 女優の黒木華さんが、ノンアルコールビールテイスト飲料「サントリー オールフリー」の新CMに起用され、モデルで女優の桐島かれんさんと“母娘”役を演じていることが9日明らかになった。開放的な海と空を背景に、親子2人で「オールフリー」をおいしそうに飲む姿が映し出される。

  黒木さんと桐島さんが出演するCM「母と空とワタシ」編は、海の近くに引っ越した母(桐島さん)を、娘(黒木さん)が訪ねるという設定。母の新居に足を踏み入れた娘が、テラスで「オールフリー」を飲む母の姿を見つけ、「あー、まだ昼なのに」と笑顔で指摘すると、母は「自由っておいしいぞ」と振り返る。「飲む?」の母からの勧めに、娘も応じ、テラスで「オールフリー」をゴクリと飲む……というストーリー。

  黒木さんと桐島さんは今回が初共演だが、舞台裏では“かれんさん”“華ちゃん”と呼び合い、本物の親子のように自然体な会話を楽しんでいたという。休憩中、CMの今後のストーリーを2人で予想していた際には、桐島さんから「あなたに彼氏はいるのかしら?」という質問が黒木さんに投げかけられるなど、CMの“風通しのいい母娘関係”そのもので、黒木さんも「どうでしょう。もしいるとしたら、どんな男性だと思いますか?」と返していたという。

  CMは9日から全国放送。


 本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。
posted by 地域フラッシュ at 00:49| Comment(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

[8.6秒バズーカー]オリラジの「ラッスン」完コピに感謝 動画は500万再生突破

[8.6秒バズーカー]オリラジの「ラッスン」完コピに感謝 動画は500万再生突破 

 オリエンタルラジオの「ラッスンごレライ」完コピに感謝する8.6秒バズーカー

  話題のリズムネタ「ラッスンゴレライ」でブレーク中のお笑いコンビ「8.6秒バズーカー」が大阪・難波の劇場「なんばグランド花月(NGK)」で3月23日に初の単独ライブを行うことを発表した会見後に取材に応じた。先日、先輩のオリエンタルラジオ(オリラジ)が「ラッスンゴレライ」のネタを完全コピー(完コピ)して披露したことについて、田中シングルさんは「僕ら最初のころはオリラジのパクリといわれてたんで、そんな中、(オリラジが)『ラッスン』やってくれて、優しい先輩です」と感謝し、オリラジのリズムネタ「武勇伝」を「やっていいよとちょっと教えてもらったので、今度オリラジさんとご一緒することがあったら、それまでに仕上げたい」と完コピの“返礼”をする考えを明かした。

  この日の会見で司会を務めたお笑いコンビ「藤崎マーケット」のリズムネタ「ラララライ体操」についても、はまやねんさんは「ラララライは僕ら素人のときに遊びではちょっとやっていたんで、まさか一緒に(会見を)やらしていただくことになるとは」といい、田中さんは先輩たちのリズムネタを「パクりパクられ、やっていきたい」と語った。

  「オリエンタルラジオ」と「8.6秒バズーカー」は1月26日、東京都内で行われた「日本女子博覧会−JAPAN GIRLS EXPO 2015 春−」の概要発表会に登場。オリエンタルラジオの藤森慎吾さんと中田敦彦さんは、8.6秒バズーカーの話題のリズムネタ「ラッスンゴレライ」を“完コピ”し、会場をわかせた。そのイベントの動画が同日、YouTubeのチャンネル「MAiDiGiTV」にアップされると人気を集め、2月7日現在で再生550万回を突破している。


 本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。
posted by 地域フラッシュ at 10:49| Comment(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
>