2015年02月09日

ジュエリーフォト (17) 増田愛里菜

ジュエリーフォト (17) 増田愛里菜 2014.09.10増田愛里菜さん(ヒミツ) ヒミツ編集部が聞いた
 この指輪のエピソード結婚指輪です!!ブランド名eteパートナー有交際歴(結婚年数)4年プロポーズの言葉結婚するでしょ?まみ
 本記事は「マイナビウエディング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。
posted by 地域フラッシュ at 09:39| Comment(0) | 恋愛・結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュエリーフォト (30) まり

ジュエリーフォト (30) まり 2014.09.26まりさん(23) 学生編集部が聞いた
 この指輪のエピソードソウルのミョンドン聖堂で購入しました。お祈りのときに使います。クロスモチーフがシンプルで上品なとこが好き。パートナー有交際歴(結婚年数)2年半ゆき
 本記事は「マイナビウエディング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。
posted by 地域フラッシュ at 09:39| Comment(0) | 恋愛・結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夫にほれ直した瞬間

夫にほれ直した瞬間  

 Q.夫にほれ直したことはありますか?

 誕生日でも記念日でもないのに、 夫がサプライズで指輪をプレゼントしてくれた。「いつも家事を頑張ってくれてありがとう」って……。うれしくてほれ直しちゃう! 今回は、マイナビニュース会員のうち既婚女性200人に「夫にほれ直したこと」があるか聞いてみた。

 Q.夫にほれ直したことはありますか?

 はい 35.5%
 いいえ 64.5%
 

 Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)ほれ直したのはどんなときですか? どんなところにほれ直しましたか?

 ■体調が悪いときに…
 ・「風邪で寝込んだ時に家事をしてくれたこと」(24歳/不動産/秘書・アシスタント職)
 ・「妊娠中つわりでしんどかったとき、家事全般を嫌な顔ひとつせずやってくれた」(30歳/自動車関連/事務系専門職)
 ・「生理の時にレバーを買って丁寧に血抜きして料理作ってくれたとき」(31歳/電機/事務系専門職)
 ・「私が具合が悪い時にお粥を買ってきてくれたり、いろいろしてくれた時にほれ直しました」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
 ・「飲み過ぎて一晩中吐いていたときにずっと背中を擦ってくれました」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
 
 

 ■頼りがいがあるところ
 ・「随所随所で頼りになるところ」(30歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
 ・「DIYが得意」(34歳/医療・福祉/専門職)
 ・「ゴキブリ退治してくれたとき」(34歳/商社・卸/事務系専門職)
 ・「海外旅行や新生活など、初めての経験をするときは手を引いてくれる」(29歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)
 ・「暗記力がよく、裏道などネットで調べて渋滞回避しながら目的地へ連れて行ってくれるとき」(30歳/通信/事務系専門職)
 
 

 ■家事、育児に協力的なところ
 ・「土日には食事や掃除の手伝いをしてくれること」(39歳/自動車関連/その他)
 ・「なんでも手伝ってくれる」(35歳/医療・福祉/専門職)
 ・「勝手に掃除をしてくれたとき」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
 ・「率先して育児に参加してくれること」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
 ・「とてもキレイ好きで、私が汚したものや散らかしたものをキレイにしてくれているところ」(30歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
 
 

 ■仕事に一生懸命なところ
 ・「仕事を頑張っているところ」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
 ・「仕事で周りから評価された話を聞いたとき」(25歳/金融・証券/その他)
 ・「仕事の電話をしているのを見たとき、てきぱき処理していたし分かりやすい指示を出していたから」(31歳/その他/事務系専門職)
 
 

 ■プレゼントをくれたとき
 ・「サプライズでプレゼントをくれるとき」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
 ・「記念日に贈り物をしてくれた」(33歳/医療・福祉/専門職)
 ・「結婚記念日でディナーに行ったときプレゼントまで用意しておいてくれた、私のほしいものを覚えていてくれて嬉しかった」(31歳/金融・証券/専門職)
 ・「去年のV.D.にプリザーブドフラワーを用意しておいてくれた、サプライズだったので嬉しかった」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
 
 

 ■落ち込んでいるときに…
 ・「精神的につらい時に心が軽くなる言葉をくれた」(29歳/その他/その他)
 ・「仕事で嫌なことがあって落ち込んでいた時、話をじっくり聞いて励ましてくれた」(30歳/情報・IT/事務系専門職)
 ・「私が悲しいときやつらいときに、本気で私を守ろうとしてくれるところ」(31歳/建設・土木/事務系専門職)
 
 

 ■子どもへの接し方をみて
 ・「子どもが生まれた時、子どもをうれしそうにあやしているのを見て」(29歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)
 ・「他人の子どもにも優しいとき」(29歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)
 ・「子どもの扱いがうまいとき」(26歳/情報・IT/営業職)
 ・「子どもを叱る姿を見た時、自分の感情をぶつけるのではなく、優しく諭すように叱っているのがすごいと感じた」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
 
 

 ■その他
 ・「転職したとき『今まで苦労かけたね』と言って、退職金からお小遣いをくれた」(29歳/生保・損保/事務系専門職)
 ・「旅行会社にクレームを言うときに怒鳴らない」(29歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)
 ・「私の両親の結婚記念日にワインを贈っていたことが分かったとき」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
 
 

 ■総評
 夫にほれ直したことが「ある」既婚女性は35.5%だった。最も多かったのは「優しくされたとき」で、とりわけ体調が悪かったりつらいときに優しくされると思わずほれ直してしまうよう。「妊娠中」にほれ直したという声も多かったが、妊娠中の女性は情緒不安になりやすいため、夫の優しいサポートがとてもうれしく心に染みるようだ。他にも、扉を開けてくれたり荷物を持ってくれるなど、さりげない優しさに「ほれ直す」という声が。ひとりの女性として大切に扱われることに深い喜びを感じるようだ。

 また、「頼りがいのあるところ」と答えた人も多かった。どんなところに「頼りがい」を感じるのかといえば、「簡単に家具を直してくれたこと」や、旅行中にエスコートしてくれたことなど。虫を退治する姿に頼もしさや頼りがいを感じる女性もいるようだ。

 他にも、「結婚式の締めの挨拶が立派だったこと」や、「バッティングセンターで打つのがとても上手だったこと」「美容院へ行ってかっこよくなったこと」などにのろける声が寄せられた。案外ちょっとしたことで、ほれ直してもらえるチャンスはあるよう。妻との関係に悩む男性は試してみてはどうだろうか。

 ※写真と本文は関係ありません

 調査時期: 2014年10月2日〜2014年10月28日
 調査対象: マイナビニュース会員
 調査数: 女性200名
 調査方法: インターネットログイン式アンケート

posted by 地域フラッシュ at 09:38| Comment(0) | 恋愛・結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
>